神楽坂五十番について

創業昭和三十二年、伝統の神楽坂五十番

『神楽坂五十番』の発祥は、その社名のとおり神楽坂にございます。

昭和三十年代、東京の夜の繁華街として有名であった神楽坂。先代が創業したばかりの「五十番 神楽坂本店」では、多数の調理人を抱えていたがため、中華料理店単独での経営は大変に苦しいものでした。考えに考えついた後、苦肉の策として編み出したのが、当時の中華料理店では行っていなかった、肉まんやあんまんといった中華まんのお持ち帰り販売手法でした。しかしながら、開始当初からうまくいったわけではなく、開始当初は1日10個程度しか売れなかったと聞いております。来る日も来る日も辛抱強く製造・販売をし続けて約10年…。昭和45年頃に週刊誌に取り上げられてから販売数が好転し、神楽坂を代表する有名店として名乗りを上げることとなりました。

私たちは先代の血筋を引き継ぐ唯一の企業として、創業当初の想いを忘れることなく、先代より伝わる伝統の技を守り続けます。

ひとつひとつ丁寧に手作り、大きな肉まん

包む『神楽坂五十番』の中華まん・点心は、昭和32年創業の先代より伝わる伝統の技とみずみずしい旬の素材にこだわり、ひとつひとつ手作りしてご提供させて頂いております。

自社工場にて職人の手により作られた、手ごねの中華まん。『神楽坂五十番』の肉まんは、手作りでなければ肉汁が溢れ出してしまうほど。人気の大きな中華まんは、ふっくらした皮とジューシーな具の組み合わせが絶妙です。

伝統製法により数こそ多く作れませんが、安心してお召し上がり頂ける、信頼と品質のお店が『神楽坂五十番』です。是非ともお召し上がりください。

みずみずしい旬の素材へのこだわり

肉まん蒸かしたて国産豚肉に国産野菜、厳選素材をふんだんに使った中華まん・点心の数々。鮮度にこだわった旬の素材を使うからこそ、栄養価も高く美味しさも格別です。

また、添加物や保存料に頼らない商品を中心に、『神楽坂五十番』は、安心・安全なこだわりの中華まん・点心を提供しております。

『神楽坂五十番』は、高品質なものをお求めやすい価格で提供するだけでなく、顧客サービスのさらなる充実をはかってまいります。

是非ともこの安心・安全な商品を皆様の食卓に、また贈呈品としてもご用命ください。

 

デパート販売に特化した、信頼の神楽坂五十番

C777_hokuhokunikuman『神楽坂五十番』は、全て百貨店販売(いわゆるデパ地下販売)に特化しております。

百貨店基準の品質はもとより、お客様の利便性を第一に、常設店舗の全てが駅直結です。銀座駅直結の松屋銀座店をはじめ、東京駅直結の大丸東京店、池袋駅直結の東武池袋店などアクセス良好な百貨店で、お客様に楽しくお買物いただけるよう『神楽坂五十番』は常に取り組んで参ります。

また常設店以外にも、随時各地域の百貨店におきまして、臨時の催事出店も行っております。催事出店におきましては、常設店舗のお買い物圏外のお客様に対しても、『神楽坂五十番』品質の商品をお試し頂けますよう、努めて参ります。

おすすめ商品

最新ニュース

新着ブログ

141月
2016
0
ごちぽんバナー150

ごちぽんの東京みやげ!(=・(ェ)・=)

最近寒さが厳しくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 寒くなると、メディアでも中華まんの話題がちらほらとでてくるようになってきますね。 当店でも、店頭で蒸かしたての中華まんを販売している店舗は、 嬉しい悲

011月
2016
0
store

明けましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!! 本日は、年に一度、百貨店さんが全てお休みになる唯一の日です。 従って当社の店舗も全てお休みをいただいております。 とはいえ…楽天市場店は年中無休でご注文を受け付けており

Page 1 of 2

催事のご案内

北千住マルイ

北千住:マルイ『東京フェア』

7月 13, 2016

催事名: 東京フェア 期間: 2016年7月13日(水)~2016年7月19日(火) 時間: 10:30~20:30(最終日は19:30閉場となります) 会場: 北千住:マルイ 地下1階食遊館:催事場 いつも『神楽坂五十

ファイル_000

東武百貨店:船橋店『食品味のうまいものめぐり』

7月 14, 2016

催事名: 食品味のうまいものめぐり 期間: 2016年7月14日(木)~2016年7月20日(水) 時間: 10:00~20:30(最終日は19:30閉場となります) 会場: 東武百貨店:船橋店 地下1階催事場 いつも『